×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クッキーダイエットでダイエットの王道を行きましょう!

ダイエットクッキーは、ダイエット失敗組に共通する脂肪をため込みやすい体質を改善します。ダイエットの基本は「栄養のバランスがとれた食事を1日3食、しっかり噛んで食べる」ことです。
よく噛む事により満腹中枢が刺激され、栄養の吸収も一層高まります。
1日3食のうちの1食をダイエットクッキーに置き換えるだけの手軽さも、ダイエットはつらいもの、という固定観念を変えてくれるのではないでしょうか。
高カロリー・高脂肪な食生活に偏りがちな現代人、それも計算されて作られたのがダイエットクッキーです。
食物繊維や不足がちなミネラルなどを補給することができます。
よくかんで食べられるダイエットクッキーは、だ液をふやして消化を助けます。また、かむことで満腹中枢を刺激して、食べすぎを抑えてくれます。さらに、かむことでストレス解消につながります。

クッキーダイエットのメリット

ダイエット失敗組に共通するのは、ため込みやすい体質です。そのため込み体質から脱出するには、体の毒素排出機能を復活させます。体内で消化吸収されない食物繊維は、コレステロールなどをくるんで体外に排出します。
こうした毒素排出にぴったりの食品がダイエット・クッキーです。素材の選び方・作り方しだいでカロリーを抑えることができ、食物繊維や不足がちなミネラルなどを補給することができます。また、さまざまな種類があり、必要なミネラルやその他の成分、そして好みに応じて食べることができる。これがクッキーダイエットのメリットです。
クッキーダイエットは、手軽な食事のかわりになります。食事回数を減らすことは、ダイエットには大敵です。まとめ食いで分解しきれない糖分をインスリンがどんどん脂肪としてため込んでしまいます。
1日3食しっかりとりたいけど、忙しくてという人は、低カロリーでミネラル豊富なダイエット・クッキーがおすすめです。
空腹のストレスは、リバウンドや神経性の食欲増加、やけ食いなどの原因になります。見た目よりも低カロリーなダイエットクッキーはまた、よくかんで食べられます。かむだけでストレス解消につながり、よくかんでふえただ液が、消化を助け、糖を分解するインスリンが急激に分泌されるのを防ぎます。また、かむことで満腹中枢を刺激して、食べすぎを抑えてくれます。さらに、かむことで交感神経が刺激され、エネルギー消費量をふやすことにつながります。

ダイエットクッキーの食べ方

夕食を変えるのはむずかしいので、まずは朝食、昼食を通常のメニューをダイエット・クッキーに切り替えましょう。クッキーは腹もちがいいです。それでもおなかがすく場合は、主食をダイエットクッキーにして、副食を控えめにしてみましょう。忙しい朝は、ダイエット・クッキーに野菜ジュースをプラスすれば、理想的な栄養バランスになります。
夕食後のお菓子がやめられない人は、夜食がわりに、カロリーが低くて腹もちが良いダイエットクッキーを2、3枚食べるようにしましょう。夕食を食べすぎるという人は、おやつにクッキーを食べるようにしましょう。満腹感が持続して、夕食の量が減るでしょう。
人気のダイエットクッキー

Copyright © 2007 満腹なのにダイエット!「ダイエットクッキー」でストレスレス